« 日印原子力協定について意見交換(10/11更新) | トップページ | ★11/3資料更新★第60回 国会エネルギー調査会(準備会)「原発の後始末費用は誰の負担か?~電力システム改革の本旨に照らし検証~」 »

2016年10月19日 (水)

第59回国会エネルギー調査会(準備会)「正当性なき原子力延命策を問う~廃炉費負担,東電救済,核燃サイクル推進~」

第59回 国会エネルギー調査会(準備会)
「正当性なき原子力延命策を問う~廃炉費負担,東電救済,核燃サイクル推進~」

○趣旨
 国民負担の下に原子力を延命、優遇する政策の策定が国民的議論も国会関与もないまま一気に進もうとしています。「もんじゅ」は廃炉の方向ですが、政府は核燃料サイクル推進、高速炉研究開発の方針は「堅持」するとし、「高速炉開発会議」を設置しました。電事連とメーカーが参加する同会議を仕切るのは文科省ではなく経産省です。非公開の会議で高速炉開発方針案が策定され、政府は年内に決定する予定です。また、電力システム改革を貫徹するとの名目の下にエネ調に「貫徹小委員会」が新設され、ベースロード電源市場を創設して新電力が「安い」原発の電力にアクセスできるようにするのと引き換えに、原発廃炉費用を託送料金に乗せる仕組みなどが検討されます。原発の安い/高いを使い分けつつ、「公益電源」としてあまねく国民負担で支えるとの論法です。同小委は2つのWGでスピード審議、年内に中間とりまとめ、来年通常国会には法案提出が目論まれています。
 賠償・除染や廃炉費用の見通しが立たない東電福島第一原発事故。電事連は必要資金が想定より8.1兆円上振れするとして、国費負担を政府に要望したと伝えられます。経産省は「東電委員会」を設置、議事非公開で、年内に提言原案をまとめる予定です。大きく3つの場で検討が進む正当性なき原子力救済・延命策に待ったをかけるべく徹底討論します。

○日時 2016年10月18日(火) 16:00~18:00

○場所 衆議院第1議員会館 国際会議室

○主催 超党派「原発ゼロの会」/国会エネ調(準備会)有識者チーム

○出席者 国会議員(原発ゼロの会メンバーはじめ関心をお持ちの議員の皆さま)
       国会エネルギー調査会(準備会)有識者チームメンバー

○プログラム
開会、趣旨説明

原発ゼロの会による福島第一原発視察報告

基調提起: 吉岡斉氏(九州大学教授・原子力市民委員会座長)

説明:資源エネルギー庁、文部科学省、内閣官房、内閣府

出席議員・有識者を交えた質疑・討議

閉会


○吉岡斉教授プレゼン資料
「原子力発電への更なる重介護政策」

○資源エネルギー資料は既開催会議の配布資料
電力システム改革貫徹のための政策小委員会(第1回)
【参考】財務会計ワーキンググループ(第1回)
【参考】市場整備ワーキンググループ(第1回)
東京電力改革・1F問題委員会(第1回) ※配布は資料2・3
原子力関係閣僚会議(第5回) ※配布は資料3
【参考】高速炉開発会議(第1回会合)

○当日映像
国会エネルギー調査会(準備会)HPでご覧頂けます

« 日印原子力協定について意見交換(10/11更新) | トップページ | ★11/3資料更新★第60回 国会エネルギー調査会(準備会)「原発の後始末費用は誰の負担か?~電力システム改革の本旨に照らし検証~」 »

国会エネ調(準備会)」カテゴリの記事

フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ